シンセMicrokorgをおすすめする7つの理由と使用レビュー!

シンセMicrokorgをおすすめする7つの理由と使用レビュー!

KORGのMicrokorgを割と長いこと使っていておすすめなので、レビューも含めて紹介したいと思います。

KORGの公式デモ演奏ビデオはこちら。

スポンサーサイト
楽器がもらえる キーボード・シンセサイザー教室

シンセMicrokorgをおすすめする理由!

Microkorgをおすすめするには、以下のような理由があります。

プロミュージシャンからの支持が高い

Microkorgは多くのプロミュージシャンに使用されており、長年業界で支持される音色がコンパクトなキーボードに凝縮されています。

見た目

本体は小型ながら、大きめにできているボタンやノブ類は存在感があり、ライブでも押し間違えが少なそうです。
個人的にはサイドの木目調パネルに高級感があるところが気に入っています。

アナログ・モデリング音源を採用

Microkorgは、アナログシンセサイザーによる音声合成をデジダル信号処理で再現するシンセです。アナログシンセを再現したデジタルシンセというわけです。
デジタルとは思えない厚みのある音で、アナログにも引けを取らない迫力のある音質です。

電池(バッテリー)で可動

ちょっとしたライブなどなら、単三電池6本で動く機動力は重宝します。

ボコーダー搭載

ボコーダーとマイクが最初から搭載されているので、ダフトパンクのようなボーカルの波形をいじった演奏が、すぐに可能です。

MIDIによる拡張

周辺機器とMIDIケーブルで接続することで、MIDIコントローラーとして機能を拡張することも可能です。
(USBケーブル接続が対応だったらなお良かったですが..!!)

手頃な価格帯

DTM初心者など、機材にそこまで予算がかけられない人にも、手が届きやすい手頃な価格が魅力的です。
ちなみに音響機材の価格はサウンドハウスが一番安い印象です。
ネット通販の場合、Amazon、楽天を調べると思いますが、最後にサウンドハウスの価格を確認するのがおすすめです。

Microkorg使用レビュー

豊富なプリセット

MicrokorgにはTechnoやTrance、Hiphop、Electronicaなど、電子音楽の主なジャンルに添ったプリセットが豊富に備わっており、それらを編集することで独創的な音を作り出すことが可能です。

アルペジエイターで無限のインスピレーション

アルペジエイターは鍵盤を押すだけで特定のリフパターンを自動で弾いてくれる機能で、指の動きだけでは再現不可能な演奏を実現可能です。予測を超えた演奏によりインスピレーションの幅が広がります。

初心者には少し扱いにくい?

鍵盤が一般的なキーボードに比べ少し硬い印象で、鍵盤の扱いに慣れていないと弾きにくく感じるかもしれません。
また、Microkorgはノブやパラメーターを調整することで自由に音を作り出すことが可能ですが、基本的なシンセの仕組み、波形による音の生成の仕組みを理解していないと、機材の扱いが少し難しく感じるかもしれませんが、取扱説明書に添って使い方を把握していけば、機能的にそこまで複雑な仕組みのシンセではないと思います。

まとめ

上記のように、おすすめする理由などがたくさんあるMicroKorgです。
あなたも、ぜひ実際に手にとってプレイしてみて下さい!

くどいようですが、音響機材の価格はサウンドハウスが一番安い印象です。
Amazon、楽天と調べたあと、最後にサウンドハウスの価格を確認するのがおすすめです。

single