オーディオインターフェースの使い方!ミキサーとの違いやトラブル解決法も!

オーディオインターフェースの使い方!ミキサーとの違いやトラブル解決法も!

DTM(音楽制作)初心者のうちはオーディオインターフェースの使い方に慣れるまで、戸惑うことがあるかもしれません。 今日はそんなオーディオインターフェースの使い方やよくあるトラブル解決法について、改めて調べてみました。 ちなみにおすすめのオーディオインターフェースは以下の記事でまとめています。
DTM用オーディオインターフェースおすすめ10選!ライブ配信にも

オーディオインターフェースとは

そもそもオーディオインターフェースとは、そもそものそもそもですが、そもそもインターフェースとは何かというと、パソコンなどの機器に何かしらの情報を入力する装置のことです。 わかりにくいかもしれないので、もう少し詳しく説明すると、パソコンの場合は文字やクリックなどの情報を入力するキーボードやマウスが、インターフェースです。 スマホはタッチパネルがタップや文字のタイピングの情報を伝えるインターフェースということになります。 通話などで会話するときは、マイクがインターフェースということになります。 では、オーディオインターフェースとは何かと言うと、その名の通り、パソコンにオーディオ(音の情報)を入力する装置のことです。 パソコンにも純正でマイクや出力用のフォーンジャックが搭載されているものもありますが、音楽制作を行う上で楽器の音色や声を綺麗に録音/出力したい場合はオーディオインターフェースが必要です。 なお、DTM(音楽制作)をするの上でおすすめのインターフェースについては、以下の記事でまとめています。

ミキサーとの違い

ミキサーと混同されがちですが、ミキサーとオーディオインターフェースは役割が違います。 オーディオインターフェースは先述した通り、オーディオ信号をパソコンに入力するための機器なのに対し、ミキサーは複数のチャンネルに入力された音声をミックシ、ステレオトラックとして出力する機器です。 また、オーディオインターフェースは、アナログのオーディオ信号をパソコンで扱えルようにデジタルに変換しますが、ミキサーの多くはアナログ信号を扱います。 そのほか、オーディオインターフェースにはMIDI信号を扱うことも可能なタイプもありますが、ミキサーが扱うのは基本的にオーディオ信号です。

オーディオインターフェースの使い方

以下は、一般的なDTMにおけるオーディオインターフェースの接続方法の例です。 各接続について順番に解説します。

パソコンとの接続

基本的に最近のオーディオインターフェースはどれもUSBでパソコンと接続することで、使用できます。中にはFirewireや、Thunderboltという規格で接続するタイプもありますが、現在はUSBが主流です。 いずれも、オーディオインターフェース側の差込口とパソコン側のポートをケーブルで接続します。 (Firewireによる接続は、USBポートを節約できるメリットがありますが、パソコンがFirewireに対応している必要があります) ちなみに、MacユーザーにおすすめのThunderbolt搭載のオーディオインターフェースについては以下の記事でまとめています。
Macにおすすめのオーディオインターフェース5選比較まとめ!

楽器やマイクとの接続

楽器やマイクとの接続はオーディオインターフェースのインプットに接続します。 最近のMIDIキーボードなどはUSBで直接パソコンと接続できるものも多いので、あらかじめ確認しましょう。 コンデンサマイク(ボーカルの録音などに使われる)を使用する際は「ファンタム電源」を供給できるオーディオ・インターフェースを使用することが必要です。 HI-Z(ハイインピーダンス)モードの入力に対応している場合、楽器のチャンネルはHi-Zチャンネルに接続することで、正しい音質で録音することができます。 ギターなどの楽器の録音を前提としている場合はHI-Zの入力に対応しているかあらかじめ確認しましょう。
2020年版!ゲーム実況やライブ配信におすすめのマイク比較まとめ

モニター機器との接続

モニター機器との接続は、オーディオインターフェースのアウトプット、ヘッドホンとの接続はホーンジャックに接続することでパソコンから送られた音声の出力ができるようになります。

よくあるトラブル

オーディオインターフェースを使用していると、稀に以下のような症状が現れることがあります。

音が出ない

ケーブルの接続を確認

単にケーブルが接続されてなかったなんてことも、あるあるです。 音が出ない場合、まずオーディオインターフェースとパソコン、モニター、ヘッドホン、楽器など各接続を確認しましょう。

パソコンの環境設定の確認

パソコンの環境設定でオーディオの入力/出力にオーディオインターフェースが設定されているか確認してみましょう。 以下の例は、Macのオーディオ環境設定で、出力先にオーディオインターフェースを指定している様子です。

DAWの環境設定の確認

パソコンの環境設定とDAW側の環境設定で異なっている場合もあります。DAWを使用していて音が出ない場合、DAW側の環境設定でもオーディオの入力/出力に正しくオーディオインターフェースが設定されているか確認してみましょう。 以下の例は、DAW(Ableton LIVE)の環境設定で、出力先にオーディオインターフェースを指定している様子です。

認識しない

パソコンの再起動

オーディオインターフェースが正しく認識しない場合、パソコンの再起動をすることで正常に認識することが多いです。

ドライバーをアップデートする

ドライバが必要なをオーディオインターフェースを使用している場合、ドライバのアップデートをして見ましょう。 ドライバをアップデートした後、パソコンの再起動をして認識するか確認してみましょう。 ドライバは多くの場合、「メーカー名 オーディオインターフェースの製品名 ドライバ」で検索することができます。 上記を試しても正常に動作しない場合は故障の可能性もあるので、メーカーや販売店に問い合わせてみましょう。

オーディオインターフェースの使い方まとめ

オーディオインターフェースの使用する場合のポイントは以下です。
  • パソコンと接続する(USBやFireWire)
  • 楽器屋マイクと接続する(シールド)
  • ヘッドホンやモニター機器と接続する(対応するケーブル)
特に難しいこともないですが、音が出ないなどトラブった際は、接続の確認、ドライブのアップデートなど1つづつ試してみましょう。 ちなみにオーディオインターフェースの購入は、DTM関連アイテムを取り扱う通販で業界大手のサウンドハウスが比較的お値打ちです。アマゾン、楽天などもチェックしてみて、最後にサウンドハウスを確認するといいと思います。
single